延滞中でも借りれる金融【延滞可能融資】即日キャッシング!

延滞中でも融資を希望される方がいます。延滞にも長期延滞やまだ間もない延滞の程度の差はあります。延滞から多重債務へそして申し込みブラックになっていく事もあります。延滞中でもお金を借りたい!これには何らかの理由があるかと思いますが、将来的にブラックにならないためには借りたら返すの原則は守りましょう。

お金を借りる方法 延滞中

2018年11月22日 13時46分

  1. 中小消費者金融でも延滞中は借りられない
  2. 数日の延滞中 気が付かないでお金を借りる
  3. 延滞中のお金を借りる方法 中小消費者金融でできるのか?
  4. 延滞中でも闇金ならお金を借りる方法の一つ
  5. 中小消費者金融でお金を借りる方法 延滞中はなんとかしよう
 
 

中小消費者金融でも延滞中は借りられない

お金を消費者金融で借りたいとき、ブラックになっている方は最初から、甘い審査の中小消費者金融や街金しか借り入れができないでしょう。その中でも、借りられない金融事故が存在しています。
 

延滞中は借りられない

お金を借りる方法として、ブラックなら中小消費者金融とされています。
しかし、延滞の金融事故だけは借りられないでしょう。
延滞は返済をしていないとみなされるのではなく、返済ができないと判断されるからです。

返済ができないのに、新規の借り入れの審査は通さない。
個人信用情報機関で確認されることで、今回の借り入れは断念です。
 

 

延滞中以外で借り入れができないのは?

無職ブラックです。無職でブラックは、延滞以上に厳しいでしょう。
まだ、今回は延滞はしているものの、収入があるのなら、将来的な返済見込みはあります。
しかし、無職であり、これから働くからお金を借りたいと言うのは通用しないです。
収入証明書は、今の時点の収入が確認されるからです。

また、無職といえば、専業主婦もブラックでは借り入れができないことがあります。
自分が契約者になるのではなく、配偶者の収入や総量規制範囲内が対象です。もし配偶者がブラックなら、専業主婦は中小消費者金融からの配偶者貸付制度を使ったとしても申込ができないです。
 

キャッシングブラックで借りれるのは?

総量規制範囲内の多重債務者、債務整理も1年程度経過している人、大手消費者金融の申し込みブラックになっている場合だけです。お金を借りる方法として中小消費者金融の選択では、このような方が借りれるチャンスがあるだけです。

また、ブラックではない未成年の申し込みも却下されることになります。
ブラックではないのですが、20歳以上の借り入れが大原則です。
 

延滞中は借りられない

過去に延滞していたと延滞中では話しが違います、
中小消費者金融でしかブラックは借り入れができないのですが、延滞中の審査に関しては、借りられない確率が高いです。これも個人信用情報機関の審査があるからで、ウソの申し込みをしても無駄です。借りていないとか、返しているという適当な申し込みをしても、大手消費者金融、中小消費者金融、クレジットカードの支払いもすべて情報はバレています。

ただ、闇金など審査がない借金については、個人信用情報機関で記録がない場合は別です。
闇金に延滞中の方はブラックとは言わないですが、そのような形での延滞をしている方は皆無でしょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

数日の延滞中 気が付かないでお金を借りる

消費者金融の返済は、必ず守らなくてはならないです。
当たり前のことですが、これが数日の遅滞では、大した罪にならないと言います。
ただし、せいぜい1、2回のことです。
 

数日の遅滞

延滞中にはならないです。
消費者金融としても、何かの手違いであり、明日になったら返済ができると考慮してくれます。
2日程度が限界ですが。

ちなみに甘い審査のはずの中小消費者金融では、返済日の入金がないと、翌日には「どうしました?」と連絡がきます。その時にすぐに入金で解決をします。

数日の遅滞では延滞になることがないのですが、続けての遅滞は厳禁です。この数日遅滞も数回しか通用せず、何回も行うと、延滞中の金融事故ではなく、過去に延滞をするというブラック要因になります。
 

 

この軽い遅滞の時に

例えば、当然返済がされていると勘違いをして、数日遅滞の時に新規のキャッシングの申込をしたとします。
20日が返済日ができていなくて金融業者で様子を見ていて、22日に申込む。
この時には、借り入れができないです。

大手消費者金融や銀行カードローンでは、何も言わずに審査落ちです。
総量規制範囲内で数万円だとしてもNGです。審査落ちの原因は、延滞中であるからです。
 

中小消費者金融ならなんとかなる?

中小消費者金融会社では、直接話す機会があります。
その時に審査担当者が、延滞の事実を教えてくれる場合があります。
20日の返済ができていないよと。そうした街金や金融業者の場合は、慌てて入金後の借り入れができます。

あまり教えてはくれないことが多いですが、中小消費者金融としては、延滞のままでは対応しないです。
しかし、この形でも返済後の申込でその他の信用情報で金融事故情報を確認して、借りれることがあります。
 

 

完全な勘違いだけど

消費者金融としても数日の遅滞は勘違いと判断してくれることがあります。
中小消費者金融では、その遅滞が解消されることで、キャッシングができることがあるのですが、1回きりのことだと思ってください。

この手の遅滞はとても多いのですが、大手消費者金融や銀行カードローンでは1週間ほど音沙汰がないと、連絡がきます。そこからの返済では、まだ延滞にはならないですが、印象は良くないです。
ただし、これだけでは延滞にならないことで、その後も普通に借りれたとの口コミはあります。
 

中小消費者金融の遅滞

中小消費者金融では、絶対に遅滞と延滞はしないことです。
大手消費者金融よりも延滞中の対応は厳しいので、必要以上の電話や取り立てがあると言います。
延滞中の借り入れは基本的にできないことであり、数日とは言え、返済には気を使ってください。
返済ができれば、中小消費者金融や街金申込が妥当です。
 
▲メニューに戻る
 

 

延滞中のお金を借りる方法 中小消費者金融でできるのか?

ブラック対応の中小消費者金融と言われます。
多重債務者、債務整理者でも審査通過する金融ブラックです。
中小消費者金融では、大手消費者金融と審査基準を変えることで、客層の区別化しています。
審査を多少甘くすることで、大手消費者金融では借りられないけれど、中小消費者金融では普通にキャッシングができる方は多いです。
 

特に専業主婦は必見

専業主婦は、大手消費者金融では審査に通らないです。
収入がないことで、パート主婦はOKですが、専業主婦は銀行カードローンでしか借り入れができないです。
しかし、中小消費者金融では専業主婦でも配偶者の収入があれば、配偶者の総量規制範囲内で借りれるチャンスがあります。

中小消費者金融の審査の甘さでは、ブラックだけではなく、無収入の専業主婦にも貸すことができるという許容範囲があります。専業主婦は銀行カードローンでしか申込ができないのですが、中小消費者金融なら夫婦でともに夫の総量規制で自由にキャッシングができます。
 

 

申し込みブラックもOK

大手消費者金融に短期間で繰り返し申し込みをしてブラックになる申し込みブラック。
中小消費者金融では、申し込みブラックは審査落ちではないです。
それとは別に審査ができますから、返済能力があれば借りれることがあります。

多重債務者でも総量規制範囲内であれば、借りれることがあります。
まさにブラック対応であり、ブラックブラックでも借りれる機会があります。
ただし、小口融資が多いです。
 

延滞中の金融相談

そんなブラック対応の中小消費者金融でも延滞中の金融事故者に対しては、厳しいです。
一部の申し込みでは、現在延滞をしていますか?と申し込み入力にもあります。

これは借りれるのではなく、その他の信用情報との勘案をしてくれるようです。
基本的には延滞中の申し込みでは審査にとおらないのですが、弁明の余地があります。
 

延滞中のお金を借りる方法はこれしかない

ブラック対応の甘い審査の中小消費者金融に行くことです。それでも保証はないです。
ホームページなどでも延滞している方はお貸ししないと宣言しているところはとても多いです。
金融業者としては、延滞中=返済しないと見てしまうのですが、直近の延滞の理由が納得した場合、借りれることもあります。

中小消費者金融としても、ここで確かに完済ができる客であればほしいところです。
そのための審査ですが、そこに納得の行かない延滞があれば、一度は断ることでしょう。

しかし、返済のできない理由が、予期しない事故だったり、たまたまできないだけであり、今でもすぐに返済ができるのであれば、話しを聞いてくれることも。返済してから出直してこいと言われたら元も子もないですが。
 
▲メニューに戻る
 

 

延滞中でも闇金ならお金を借りる方法の一つ

延滞中でも多重債務者でも簡単にお金を借りる方法があります。
それが闇金や違法業者からのブラックキャッシングです。
闇金のホームページには、審査なしとあります。

審査がない場合、いくら延滞していたとしても借り入れができます。
その他の信用情報でもどんな金融事故があったとしても、闇金は調べることもしないです。
 

総量規制以上も平気

審査がないということは、1万円借りたら、約束の日に1万円と利息を返せば良いだけです。
現在どんなに大変なのかを関係なく、所定の日に入金をしたら良いということ。この方法が闇金です。

勤務先は尋ねることはあっても、厳正なものではなく、審査らしいことはないです。
ですから、どんなブラックブラックでも闇金なら、延滞中と自分で言わなければわからないことです。
 

 

ソフト闇金も同様

闇金は怖いので、ソフト闇金ではどう?こちらも審査なしです。
闇金とソフト闇金の違いは、ソフト闇金の方が、金利提示がありわかりやすいというだけです。
無職ブラックも多分借りれるでしょう。

専業主婦も収入がなくても大丈夫ですが、さすがに未成年だけは、闇金界隈でも審査に通らないようです。
身分証明書は提出することが必要ですから、年齢はバレます。
 

延滞中は闇金から借りよう

審査がないのなら、闇金から少し借りて、延滞を解消してしまいたい。
早速話しをしてみよう。本気で思っている方は、おめでたい方です。
闇金のホームページには、応募フォームがあるだけで、キャッシングの内容は不明です。金利もわからないです。

ソフト闇金では、金利がありますが、平均すると月30%以上です。サラ金以上の金利になっています。
ということは、どういう理由で現在延滞中なのかわからないですが、闇金では今以上の高金利になります。
そして、消費者金融会社のようにルールは守らないため、当初の金利以上の請求もあります。
 

審査はないですが

個人情報はすべて教えることになります。
それを言わないとお金は貸さないですが、全て個人情報抜きと取り立てのために必要なことです。
高金利ですから、闇金を延滞をすると法律外の取り立てがスゴイです。テレビで行う取取り立ての怖い版です。
彼らの借金を延滞中にするということは、非常に危険な対応が待っているといえるでしょう。
ですから、簡単に闇金に行こうというのは厳禁です。

延滞中は、消費者金融も中小消費者金融も借り入れができない事になっています。
しかし、最後の頼みとして、甘い審査とされる中小消費者金融の申し込みはおすすめです。
この時に借りれないのは当たり前、借りれないとしたら、債務整理をしようとしてください。
借りれない、返済ができないのなら、ここは債務整理しかないでしょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

中小消費者金融でお金を借りる方法 延滞中はなんとかしよう

キャッシングブラックで延滞中はなんとかしましょう。
ベストなのは返済をすることですが、もし今までどおりの返済ができないのなら、消費者金融や銀行なり債権者に直接言いましょう。返済額の負担を小さくしてくれます。これは、単に返済期間が長くするだけで元金は変わらないです。

この手続をすることで、延滞中は解消します。または、思い切って債務整理です。
この場合は、債権者ではなく弁護士に相談です。
 

個人信用情報機関で光る延滞中

個人信用情報機関では、多重債務、債務整理などの金融事故があっても中小消費者金融では審査対象になります。
しかし、遅滞したと延滞中だけは絶対に借りれないです。

この人には貸してはならないという目印のようなものであり、どんなに甘い審査基準の中小消費者金融、街金でも借りられないと言います。口コミでも延滞中に借りれる金融業者はここというところはどこもないです。
 

 

甘い審査の許容範囲

中小消費者金融の審査では、総量規制範囲内で返済能力がある方しか審査に通らないです。
ですから、無職ブラック、専業主婦ブラックは金融ブラックでは対応していないです。
ブラックなのに、返済能力がそれなりに存在しているというハードルがあります。

ただ、中小消費者金融ではおまとめローンと不動産担保ローンの取扱があります、
ともに、多重債務者が1つの多額のキャッシングができるチャンスです。
おまとめローンでは多少審査が厳しいか、金利収益を狙うところなら、延滞中の申し込みでも対応します。
不動産担保ローンも、評価額が高い物件なら、延滞中の申し込みも対応しないわけではないという口コミも。

特に不動産担保ローンは中小消費者金融にとっては、損をしない融資ができます。
いざとなれば、不動産没収という対応ができます。この不動産担保ローンの審査対象を延滞中でもできることは表立って公表はしないのですが、相談してみてください。都市圏の不動産担保ローンであれば、それなりの評価額が付きます。
 

せめて延滞中のものだけでも

多重債務者でも全てではなく、延滞をしない程度の債務にすることで、金融相談もできます。
しかし、返済がこれすらも困難のになっていくようであれば、ここは債務整理が妥当な場合も多いです。
安心してください。中小消費者金融の甘い審査では、任意整理中でも借りれるところがあります。

延滞中は任意整理で解消してから中小消費者金融で借りる。
これが一番提案したい方法です。
 
▲メニューに戻る