延滞中でも借りれる金融【延滞可能融資】即日キャッシング!

延滞中でも融資を希望される方がいます。延滞にも長期延滞やまだ間もない延滞の程度の差はあります。延滞から多重債務へそして申し込みブラックになっていく事もあります。延滞中でもお金を借りたい!これには何らかの理由があるかと思いますが、将来的にブラックにならないためには借りたら返すの原則は守りましょう。

延滞中 借入

2018年11月22日 13時34分

  1. お金を調達するには
  2. 銀行と消費者金融会社
  3. 中小消費者金融会社と街金
  4. 延滞中の借入れはできる
  5. ネットの個人間融資掲示板を利用する
 
 

お金を調達するには

お金を調達するには、まずは自力でお金を調達できないかを模索したほうがいいでしょう。お金がないからとすぐに銀行や消費者金融会社に頼るよりも、できるだけ借金をしないという方向で考えたほうがいいからです。

自力でなんとかしたい場合、まず考えたいことは自分で働くことです。昼間も働いているのにさらに働くのはちょっと…しかし給料日までにお金が必要な状態だったら、お金をなんとかしなくてはいけません。そのための一つの方策が日払いの仕事などをして日銭を稼いで急場をしのぐことです。

必要なお金がどのくらいなのかにもよりますが、そのお金がいつまでに必要かを逆残してどのくらい働いたら必要なお金に届くのかあるいは届かないのかを計算するのです。届かないまでも働いてお金を稼げば多少のたしにはなるでしょう。考えるよりも行動して働くというのも一つの方法です。

日払いで稼ぐということになれば、男性の場合はガテン系の仕事になるのは仕方のないことだと思います。それでガテン系の日払いのバイトですが、日中できるのであればハローワークに朝早くから並んでいれば、送迎のバスに乗って仕事の現場まで運んでくれるでしょう。そのときは作業着やヘルメットなど、さらには作業靴なども自前になるのであらかじめ用意しておきましょう。装備が不十分ならバスにも乗せてもらえません。ガテン系の日払いのバイトで日銭を稼ぎたいのでしたら、日頃からそういった装備を用意しておくと良いです。

また、そういったバイトの装備はボランティアにもまったく同じように使う事ができるので、何かあったときのボランティアの活動にも重宝することでしょう。つまりはいつでも使えるので、必要な装備を用意しておくのは無駄にはならないということです。

また夜しかバイトができないということでしたら日払いのバイトの求人なども求人情報誌に掲載されていることがあります。またネットでも探すことができるでしょう。ですから、そういった情報をしっかりと自分で探して仕事を見つけるようにしましょう。

もっともガテン系のバイトというのは、誰もが知っているように肉体労働です。ですから体力勝負になるので体力に自信のある人でないと務まらないでしょう。あらかじめどのような仕事なのかもリサーチしておいたほうがいいかもしれません。

重機の扱いができる人でしたら、どのようなガテン系の仕事でも重宝しますし、きつい仕事をしなくても良い場合があります。それも資格があればのことですから、まずは日払いのガテン系の仕事があるかどうかがポイントです。日払いであればガテン系でなくてもなんでもいいのですが、日払いに対応している仕事自体がガテン系に限られることが多いですから、期待できないでしょう。

いずれにしてもきつい仕事でケガもつきものですから、労災などに加入してくれているのかも事前に確認しておく必要があります。労災は働く人全てに加入する義務があり、労災の保険料は雇用側が負担するようになっています。ただし、日払いのバイトでしたら、雇用側が労災を欠けていないケースも多々あるようなのでその点には気をつけたいところです。

ガテン系のバイトでしたら、日払いで昼間でも夜のバイトでも1万円にはなるでしょう。体力勝負ですが、5日働けば5万円にはなる計算です。必要なお金が5万円でしたら一週間以内でそのお金を自力で用意できるのは大きな魅力でしょう。銀行や消費者金融会社に融資の申し込みをして審査に通ればすぐに必要なお金が用立てできます。

しかし、お金を借りるのですから、返済しなくてはいけません。お金がないからお金を借りるのであって、これから入ってくるお金の中から返済していかなくてはいけないのです。そうなると必然的に手持ち資金が圧迫されます。そうなるのが嫌であればさらにそのお金の使い道が決まっているのであれば、借金をしてしまうと生活費を圧迫してしまうことになります。

生活費というのは文字通り生活するために必要なお金ですから、そのお金を圧迫してしまうと生活が一変することになります。我慢しなければいけない場面も出てくるので借金はできればしないほうがいいですし、ちょっとした努力でなんとかなるのでしたら、ガテン系のバイトでお金を調達したほうが満足度は高いでしょう。もっとも体力勝負になるので体調に不安のある人は、無理をしない方がいいでしょう。

お金が必要な場合、自力で調達する方法の一つとして自宅にあるものを買取り業者に買取りしてもらう方法があります。まずは不要品からどんどん買取りしてもらいましょう。不要品ですから、何も考えずん処分するような気持ちで買取りしてもらうといいでしょう。ただし、自分にとって不要品ということは他の多くの人にとっても不要品ということです。ですから、あまり期待できる買取り金額にはならないでしょう。

中には、「たったこれだけ?」といった買取り価格になるものもあると思います。しかし、不要品の処分と考えたら、処分してなおかつお金になるのですからそういった気持ち割り切りが必要です。不要品ですから処分する気持ちで買取りしてもらいましょう。不要品の買取りは何度もできることではないので、ここ一番というときに活用したい方法ですが、家の中のものをかき集めて、二束三文のものもあったとしても1万円くらいの買取り額くらいにはなるでしょう。

また、不要品とは別にコミックや書籍などはかなりいい値段になることがあります。特に有名コミックや人気コミックが全巻揃っている場合は、かなりの高価買取りとなる場合が多いです。その場合は普通の買取り業者よりも、古本屋などコミックや書籍の価値の分かるところに買取査定をしてもらいましょう。多ければ多いほどいいですし、一度読んでいるものですから、コレクターでないかぎりは買取りしてもらったほうがスッキリする場合が多いです。

そういったことの積み重ねで買取り価格を上積みしていって、さらにもう少しで必要額に到達する場合は、最後の一押しとして必要品の買取りをしてもらうのです。たくさん買取りしてもらっても、必要品ですから、後で買い直さなければいけないのでしたら、できるだけ高価買取り額になるようなものを買取りしてもらいましょう。例をあげるとテレビやパソコンですね。冷蔵庫や洗濯機と比べて、なければなんとか我慢できるものです。

テレビもパソコンも急場はスマホでなんとかやりすごすことができるでしょう。テレビなどは年式にもよりますが、購入価格の10分の1が買取り価格の目安です。パソコンは新しい方がいいのですが、3年以上前のものになれば、これも購入価格の10分の1程度が望ましいでしょう。それでもテレビとパソコンで2万円くらいになれば必要金額に到達するかもしれません。

しかし、仮にテレビを5千円で買取りしてもらっても、応急処置のようなものですから、後で買い直さなければいけません。そのときは安いテレビであっても、買取ってもらった価格の10倍のお金で買い直さなければいけないのです。急場を凌ぐためとはいえ、かなり損をした気持ちになるかもしれません。

いずれにしても自分でお金を調達する場合は、自分で働いて稼ぐこと、あるいは不要品や必要品の買取りでお金を調達する方法です。いずれかで考えるか、あるいは両方で考えると資金調達もかなりはかどるでしょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

銀行と消費者金融会社

お金を借りるとなると銀行か消費者金融会社ということになります。金利が低いので借りるなら銀行カードローンのほうが返済利息が少なくなるのでオススメです。

しかし、審査基準が厳しいので、誰でも借りることができるというわけではありません。そのため、銀行カードローンの審査に通らなかった人は、消費者金融会社からお金を借りることになります。

消費者金融会社なら誰でもお金を借りることができると思いがちですが、大手消費者金融会社でしたら、ブラックの人はお金を借りることはできません。

かといって、中小消費者金融会社や街金では金融ブラックや融資ブラックに陥っている人はお金を借りることができるのでは?と思っている人もいると思いますが、これはケースバイケースです。というよりも、ブラックの人は基本的にお金を借りることはできないと考えたほうがいいです。

少なくとも、銀行でも消費者金融会社でもカードローンを利用することはできません。また、審査に落ちてすぐに他のところに融資の申し込みをしても、審査に落ちたという情報が共有されているので、新たな融資の申し込みについて審査落ちとなるケースが多いです。

これは申し込みブラックと呼ばれていて、信用情報機関に記録されている審査に落ちたという情報が消えるまでは、新たな融資の申し込みに対して審査に通ることはできません。情報が消えるのは、審査に落ちてから6ヶ月以降ということです。

金利以外では、消費者金融会社のカードローンのほうが使い勝手は銀行カードローンよりもいいです。しかし、消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社のカードローンは審査が厳しくなっています。審査に通らない人は、さらに中小消費者金融会社や街金といった消費者金融会社でお金を借りるようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

中小消費者金融会社と街金

消費者金融会社は全国に2,000社近くあるのですが、そのほとんどが中小消費者金融会社と街金です。知名度の高い大手消費者金融会社は数社程度ですから、数では圧倒的に中小消費者金融会社や街金のほうが多いのです。

また、中小消費者金融会社や街金では、独自審査を行うところが多く、信用情報機関に照会せずに現在の属性のみで審査を行う方法です。ですから、審査方法もシンプルで電話による在籍確認が取れて、収入証明書の提出ができれば審査に通ることができます。

たまにブラックでも借りることができたという、ネットの口コミサイトなどに投稿される場合がありますが、独自審査を行っている中小消費者金融会社か街金ではあり得ることです。しかし、ブラックでも借りることができるというだけで、必ず借りることができるわけではありません。
 
▲メニューに戻る
 

 

延滞中の借入れはできる

返済できずに借入れに対して延滞中という人もいるかもしれません。延滞中のままでいると返済不能となり、債務整理になってしまいます。それとは、関係なく延滞中でも借入れできるのかを考えてみます。

これもブラックの人と同様で、銀行や大手消費者金融会社でしたら、延滞中であれば、新たな借入れはできません。それでも、中小消費者金融会社や街金で独自審査を行っているところでしたら、借入れができる場合もあります。これも独自審査をしていて現在の属性がよければということです。

しかし、他社借入れに対して返済状況が悪ければ、やはり借入れは難しいでしょう。延滞中というのがうっかりミスである場合は返済能力自体が落ちているわけではないのですが、延滞自体が悪いです。明かな契約違反ですから、うっかりミスというのは理由にならないということですね。
 
▲メニューに戻る
 

 

ネットの個人間融資掲示板を利用する

延滞中でどこからも借入れできないときは、背に腹は変えられないので、ネットの個人間融資掲示板を利用しましょう。基本的に審査はありません。交渉次第で借入れが可能ですから、危急の際には頼りになります。

ましてや、延滞中ということであればどこもお金は貸してくれないでしょう。そのようなときに頼りになるのが個人間融資掲示板なのです。
 
▲メニューに戻る